So-net無料ブログ作成

Parvathi

images.jpg
[アーティスト名] Siva
[タイトル] Parvathi
[CD番号] UCCD-218
[発売日] 2009-03-11
1 Parvathi
2 Parvathi (instrumental)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110010110100011

00000900588L.jpg
GReeeeN(グリーン)は、日本の4人組J-POPグループである。所属レーベルはNAYUTAWAVE RECORDS、所属事務所はエドワードリミテッド(業務提携先はスターダストプロモーション)

概要
HIDE・navi・92・SOHの男性4人で構成されるボーカルグループ。テノール音域をHIDEとnaviが、バス音域を92とSOHが担当し、4人一緒に歌う場合は基本的に1オクターブ差で斉唱している[1]。キャッチコピーは「4本マイクのロッキンビーツ」(ロッキンビーツ:Rock 'n' Break Beats)。サウンドプロデュースは、HIDEの実兄であるHigh Speed BoyzのJINが手掛けている。

2002年(平成14年)に福島県郡山市にある大学の歯学部に在籍中のHIDEとnaviがGReeeNを結成し(この当時はeが3つであった)、2004年(平成16年)に同学部に在籍中の92とSOHが加入して現在のGReeeeNのメンバー構成となった。インディーズ時代は同市内のライブハウス「#9」でライブを行ったり、郡山駅前のCD Shop「LIPS」(現在は閉店)にて自主制作CDを数枚出版したりしていた。また、2BACKKAのHAMMERらが主催するライブイベントUNITYに1年以上の継続出演もした。

2006年(平成18年)にエドワードリミテッド所属となり、2007年(平成19年)にメジャー・デビュー。デビュー後の彼らの音楽活動において特筆すべき点は、彼らが公私混同を避けている事からテレビやインターネット等のマスメディア出演はおろか、プロモーションビデオやCDジャケットにおいても顔出ししないところである。ラジオ出演や営業活動をしたこともあるが、その様子の写真をブログに掲載する場合でも顔は隠している[2]。唯一のテレビ出演は、テレビユー福島『MUSIC BARパロパロ』(2007年1月19日放送回)でのスタジオゲスト出演で、その際も顔を半透明のプラ板で隠していた[3]。これは、音楽活動と学業及び卒業後の歯科医勤務を両立するという理由によるもので、結成以来一貫して守り通している。ただし、子供時代の写真は自身のブログで公開している。

2010年3月までに全員が歯科医師国家試験に合格している。またこの合格のニュースを公式サイトで発表した際、『全員が合格したら顔を出して活動をするという憶測が一部で流れておりますが、歯科医師としての仕事に支障が出てしまうという状況を踏まえ、顔出しでの活動や音源制作以外の活動を行うという予定はございません』と改めて今後も顔を出さずに活動をしていくと発表。

[アーティスト名] GReeeeN
[タイトル] 扉
[CD番号] UPCH-89039
[発売日] 2008-12-03
1 扉
2 君想い
3 少年が故の情熱
4 冬のある日の唄
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110001100000000

じぶんROCK

rock-w-you_018.jpg
ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロック・イン・ジャパン・フェスティヴァル)は、茨城県ひたちなか市で毎年8月に催される日本最大の野外ロック・フェスティバルである。主催は出版社ロッキング・オン。日本国内で活動するロック・ポップス・ヒップホップなどのバンドや歌手が出演している。

概要
ロッキング・オン代表取締役社長である渋谷陽一の「日本人アーティストだけでロックフェスを行いたい」という考えを実現する形で2000年に初めて開催された。開催地は茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園。以来開催時期は8月上旬(特に第1金曜日から)の3日間が恒例となっている。

フジ・ロック・フェスティバル、RISING SUN ROCK FESTIVAL、サマーソニックと並ぶ国内四大ロックフェスの1つである。それらに比べるとJ-POPやポップパンク系アーティストが特に多いフェスティバルであり、それもあってかオーディエンスの年齢層は10代が多く四大フェスの中で最も若い部類。他の四大フェスと同じく基本はジャンルレスだが前述のジャンルのアーティストが多くを占めることからDJブース以外は"歌モノ"のグループがメインで、それ以外のジャンルのアーティストは少ない。RISING SUN ROCK FESTIVALとは同じ邦楽主体のフェスであることから、毎年そのラインナップや内容を比較されることが多い。しかしながら、両フェスとも日本のロックシーンならびに野外ロックフェスの需要と発展に貢献していることは云うまでもない。チケットは年々入手しにくい状態となり、先行予約・一般発売ともに、激しい争奪戦となっている。

モッシュ・ダイブ等の危険行為の禁止を強く呼びかけているフェスでもある(他のフェスでは容認しているわけではないが、執拗なまでに禁止を訴えてはいない)。トイレ待ちの行列を解消するために仮設トイレを会場の各所に外壁のように並べているなど快適にすごすための工夫が随所に凝らされ、国内四大フェスの中でも特にオーディエンスに過ごしやすい環境を提供しているフェスと言える。逆にいえば、フェスティバルの発祥となった海外の大型フェスとは特に異質な雰囲気を持った国内フェスであるとも言える(海外フェスティバルは主催側の管理性が非常に低い)。

また、場所取り(目的のアーティストを観る為に、そのアーティストの前に出演しているアーティストの頃からステージ前方を陣取り出番を待つ行為)の禁止も強く呼びかけている。場所取りは他のフェスでもフェス馴れしていない人気邦楽アーティストのファンによく見られる行為であり、すべて邦楽のアーティストで構成される今フェスでは非常に頻発し問題になっている。

[アーティスト名] ONE OK ROCK
[タイトル] じぶんROCK
[CD番号] Rock
[発売日] 2010-04-28
1 じぶんROCK
2 恋ノアイボウ心ノクピド
3 必然メーカー
4 内秘心書
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001100011000

スキャットマン (ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)

51gDrbuHRqL.jpg
[アーティスト名] マーク.オー.フィーチャリング.スキャットマン.ジョン
[タイトル] スキャットマン (ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)
[CD番号] QWCE-160
[発売日] 2010-04-21

1 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(ラマーズP REMIX) - Mark Oh feat, Scatman John
2 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(Ryu* REMIX) - Mark Oh feat, Scatman John
3 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(DJ UTO REMIX) - Mark Oh feat, Scatman John
4 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(Starving Trancer REMIX) - Mark Oh feat, Scatman John
5 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(Hommarju REMIX) - Mark Oh feat, Scatman John
6 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(Radio Short Mix) - Mark Oh feat, Scatman John"
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011101101

ライオン

00000932522.jpg
[アーティスト名] 遊助
[タイトル] ライオン
[CD番号] SRCL-7232
[発売日] 2010-03-10
1 ライオン
2 遅刻のうた
3 夢は現状維持!
4 ライオン -instrumental-
5 .鰯と卵の親子丼
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111000100100100

テレビアニメ「夢色パティシエール」 きらきら☆ミュージック

4910010390205.jpg
アニメは、アニメーションの略語である。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。

本項では、特に日本で製作された商業用セルアニメーションについて解説する。

概要
各種メディアで提供されるサブカルチャーの1つ。「文化芸術振興基本法」ではメディア芸術、関連法律の「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律」ではコンテンツの1つに定義されている[* 1]。

1話30分[* 2]のテレビ視聴用の連続作品が主流で、劇場鑑賞用の長編作品の比率は低い。題材は幅広く、多種多様なものが使用されている。

流通形態は以下の通り。

テレビアニメ
地上波テレビ局、BS局、CS局等での放映用に制作される作品。全日枠放送作品、深夜アニメ、UHFアニメ、BSアニメ、CSアニメなどに分類される。
アニメーション映画
映画館等での上映用に制作される作品。劇場用アニメーション映画、アニメ映画、劇場版アニメ等と呼ばれる。
OVA(オリジナルビデオアニメーション)
店舗販売とレンタルビデオ用に制作される作品。VHS、LD、DVD等で提供される。
Webアニメ
インターネット配信用に制作される作品。国外では「Original Net Animation」(ONA)と呼ばれる。

[アーティスト名] アニメ
[タイトル] テレビアニメ「夢色パティシエール」 きらきら☆ミュージック
[CD番号] COCX-36104
[発売日] 2010-04-21

1 スイーツの王国へようこそ
2 夢にエール!パティシエール?(TVサイズ)/ 五条真由美
3 いちごのテーマ
4 大好き!スイーツ
5 はりきりすぎて空回り
6 伝説のスイーツスピリッツ
7 麗しのスイーツ王子
8 がんばるいちご
9 はやる気持ち
10 イマジネーション
11 おばあちゃんのイチゴタルト
12 思い出パティスリー
13 夢の階段を登って
14 聖マリー学園
15 あこがれのアンリ先生
16 天王寺麻里のテーマ
17 樫野のテーマ
18 天使?悪魔?
19 冷たい視線
20 気分は切ないラズベリー
21 心もとろけるマドレーヌ
22 バニラのテーマ
23 いちご奮闘す
24 安堂のテーマ
25 ケーキ対決
26 挫折の味
27 夢色スイーツをめしあがれ
28 絆
29 パティシエールの夢
30 いちごのミラクルール(TVサイズ)/ 杉原由规奈
31 サテライト?パニック(ミニドラマ『デンジャラス?マリー学園』)
32 ヒッソリ?ドッキリ?ビックリ(ミニドラマ『デンジャラス?マリー学園』)
33 リベンジ?オブ?カシノ(ミニドラマ『デンジャラス?マリー学園』)
34 花房のテーマ(ミニドラマ『デンジャラス?マリー学園』)
35 パティシエールより愛をこめて(ミニドラマ『デンジャラス?マリー学園』)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001100001101

青春歌年鑑 演歌・歌謡編 -1980年代ベスト-

F49F5112.jpg
オムニバス(英: omnibus)は、映画、演劇、ドラマ、文学、DVD・レコードなどの分野において、短い数編の独立した作品(主に短編)または楽曲を集め、ひとつにまとめて一作品としたものである。

元々の意味はラテン語で、乗合馬車や乗合自動車のこと、また、そこに沢山の人々が乗るという意味があり、英語のバス(bus)の語源にもなった(オムニバス (曖昧さ回避)を参照)。

そこから発展し、種々の芸術分野で「独立したいくつかのものを一つにまとめた」作品形態を指すようになった。「オムニバス映画」、「オムニバスドラマ」、「オムニバスCD」、のように呼ばれる。

オムニバスに含まれる各作品は、それぞれ独立してはいるが、まとめられる際にはある種のテーマやコンセプトに沿って集められる。あるいは、映画・ドラマなどの場合は、それぞれ最初からオムニバス作品のひとつとして制作されることがほとんどである。

オムニバスCDの場合、アーティスト名はV.A. (Various Artist(-s)) などと表記される。

[アーティスト名] オムニバス
[タイトル] 青春歌年鑑 演歌・歌謡編 -1980年代ベスト-
[CD番号] UPCY-6025
[発売日] 2004-11-03
1 奥飛騨慕情
2 さざんかの宿
3 大阪しぐれ
4 矢切の渡し
5 おやじの海
6 別れても好きな人
7 みちのくひとり旅
8 娘よ
9 氷雨
10 長良川艶歌
11 ブランデーグラス
12 雨の慕情
13 ラヴ・イズ・オーヴァー
14 夢芝居
15 つぐない
16 川の流れのように
17 雪国
18 人生いろいろ
19 兄弟船
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011100110

スキャットマン (ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)

3199040221.jpg
[アーティスト名] マーク.オー.フィーチャリング.スキャットマン.ジョン
[タイトル] スキャットマン (ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)
[CD番号] QWCE-160
[発売日] 2010-04-21
1 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(ラマーズP REMIX) - Mark Oh feat, Scatman John
2 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(Ryu* REMIX) - Mark Oh feat, Scatman John
3 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(DJ UTO REMIX) - Mark Oh feat, Scatman John
4 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(Starving Trancer REMIX) - Mark Oh feat, Scatman John
5 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(Hommarju REMIX) - Mark Oh feat, Scatman John
6 スキャットマン(ぴーぱっぱぱらっぽっぴっぽー)(Radio Short Mix) - Mark Oh feat, Scatman John"
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011101101

THE IDOLM@STER MASTER BOX VI

61Pi3TiDvHL.jpg
ゲームミュージックは、コンピュータゲームに付随する音楽のことである。ゲーム音楽、ビデオゲームミュージックとも呼ばれている。

概要
「ゲームミュージック」という言葉には、単にゲームに付随する音楽という意味合いしかなく、その内容自体は非常に多岐にわたる。品質や規模の面では、単声のビープ音で作られた短いメロディからCDとして売られている観賞用の音楽と変わらない高音質で完成度の高い音楽まで含まれ、音楽ジャンルの面ではロック・ジャズ・クラシックから実験的な音楽まで、すべてのものが含まれる。その多くはインストゥルメンタル楽曲だが、中にはボーカルを伴う楽曲もある。後者は近年「ゲーソン」と呼ばれるようになった[要出典]。

一般にゲームミュージックという言葉から多くの人が連想するイメージはピコピコという擬音で形容されるような電子音、すなわち1980年代の8bitゲーム機に多く搭載されたPSGやFM音源およびそれらに類似した音声処理系による音色であることが多い。その理由としては、

家庭用ゲーム機が初めて一般家庭に広く浸透したのが8bit機全盛の時代であったこと
PSGやFM音源といった音声処理系の音色が、他の観賞用の音楽と明確に分離した印象を与える特徴的なものだったこと
などが挙げられる。

21世紀初頭現在では、ゲーム機の音声処理系はPCM方式が主流であり、任意の録音済み波形を再生できる場合がほとんどである。また録音済みの音楽をストリーミング方式で流すことも増えてきている。そのため、一聴してはっきりとゲームミュージックと分かる1980年代のようなゲームミュージックは少なくなってきている。その反動として、レトロゲーム音楽のCDによる再発や、PSGやFM音源などの8bit機特有の音色を敢えて使用して音楽を製作するチップチューン音楽というムーブメントが現れてきている。

[アーティスト名] ゲーム.ミュージック
[タイトル] THE IDOLM@STER MASTER BOX VI
[CD番号] COCX-36136
[発売日] 2010-03-31
1 キラメキラリ
2 フタリの記憶
3 目が逢う瞬間
4 迷走Mind
5 スタ→トスタ→
6 隣に…
7 I Want
8 Kosmos,Cosmos
9 いっぱいいっぱい
10 キラメキラリ
11 フタリの記憶
12 目が逢う瞬間
13 迷走Mind
14 スタ→トスタ→
15 隣に…
16 I Want
17 Kosmos,Cosmos
18 いっぱいいっぱい
19 キラメキラリ
20 フタリの記憶
21 目が逢う瞬間
22 迷走Mind
23 スタ→トスタ→
24 隣に…
25 I Want
26 Kosmos,Cosmos
27 いっぱいいっぱい
28 キラメキラリ
29 フタリの記憶
30 目が逢う瞬間
31 迷走Mind
32 スタ→トスタ→
33 隣に…
34 I Want
35 Kosmos,Cosmos
36 いっぱいいっぱい
37 迷走Mind(オリジナル・カラオケ)
38 スタ→トスタ→(オリジナル・カラオケ)
39 隣に…(オリジナル・カラオケ)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001100000101



侍核-SAMURAI CORE-

20100124_03.jpg
[アーティスト名] EVER+LAST
[タイトル] 侍核-SAMURAI CORE-
[CD番号] WDL-018
[発売日] 2010-04-14
1 侍核-SAMURAI CORE-
2 Un-break My Heart
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001011111010

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。