So-net無料ブログ作成

Get the Door

riealize.jpg大橋 利恵 (おおはし りえ、1973年7月31日 - ) は、日本の歌手。本名は岩野 利恵(TVスター名鑑より抜粋)東京都出身。血液型AB型。 avex trax在籍時は大橋 りえの名前で活動。 1996年から1999年にかけて、当時Every Little Thingのメンバーであった五十嵐充の音楽プロデュースを受けていた。父親はオートレーサー(GIRL POPインタビューより抜粋)

趣味はプロレス観戦、カフェ巡り。

来歴 [編集]
17歳の時、某雑誌のグラビアコンテストで優勝し、芸能界入り。その翌年辺りまでグラビアの仕事が主体。その後、歌手活動に向けて動き出す。
1994年9月にシングル『愛って何?』で、キングレコードから歌手デビュー。
1996年、音楽プロデューサーに五十嵐充を迎え、同年6月にシングル『Everybody, Shake Up!』を発売。なお同年、五十嵐もEvery Little Thing(以下ELTと略)のメンバーとしての活動を始める。
1997年7月、初のアルバム『Realize』発売。
1998年、ELTと同じレコード会社であるavex traxに移籍し、同時に芸名も大橋利恵から大橋りえと改名。同年8月、1年3ヶ月ぶりのシングル『Release myself』発売。五十嵐が引き続き音楽プロデュースを行う。
同年10月、キングレコードからも、五十嵐プロデュース以前の曲をまとめたアルバム『ANOTHER SIDE』発売。
1999年4月、bayfm『GROOVE FROM K・WEST』水曜日担当(翌年3月終了、番組自体は継続)。同年、Kiss-FM KOBEにて番組『MIDNIGHT KISS』木曜日担当。
同年7月のシングル『Turn Into Love』以降、avex traxからのシングル発売が無い状態となる。
2001年、Kiss-FM KOBE『AFTER STAGE KOBE』木曜日担当。同年末で降板。事実上の活動休止となる。
2003年、自らの誕生日に合わせてウェブサイト「Rie's★room」立ち上げ(8月正式オープン)、歌手活動の再開発表。同年、大橋がボーカルを担当するバンドThe Queenbee Loverの結成、及び活動開始を同ウェブサイトで発表。
2004年、The Queenbee Loverのウェブサイトを立ち上げ後、ライブ活動も行う。その後、同バンドとしての活動休止を、ウェブサイトのBBS停止と共に発表。
2009年、メディアファクトリーから約10年ぶりとなるシングル『Get the Door』を発売。TVアニメ『クイーンズブレイド 流浪の戦士』オープニングテーマであり、東京国際アニメフェア2009のライブステージでも披露された。

ディスコグラフィー [編集]

シングル [編集]

キングレコード時代 [編集]

五十嵐充プロデュース以前 [編集]
愛って何? (c/w)言い訳しないで(1994年9月21日、KIDS 208)
逢いたくて逢えなくて (c/w)Cheek to Cheek(1995年5月24日、KIDS 233)
ワニブックス『Wink Up』ラジオCMソング
Let's Make Love (c/w)涙はあてにならない(1995年11月22日、KIDS 257)
ワニブックス『Wink Up』ラジオCMソング

五十嵐充プロデュース [編集]
Everybody, Shake Up!(1996年6月26日、KIDS 287)
ミツカン『追いがつおつゆ』CMソング
ワニブックス『Wink Up』ラジオCMソング
Shiny Lucky Lady(1996年11月1日、KIDS 316)
KDD(現・KDDI) CMソング、TBS系『ランク王国』オープニングテーマ
Close To You(1997年5月14日、KIDS 323)
テレビ東京『出動!ミニスカポリス』エンディングテーマ

avex trax時代 [編集]
Release myself(1998年8月22日、AVDD-20268)
トヨタプリンセスカップ'98大会 イメージソング
君のいる街(1998年11月11日、AVDD-20272)
東建コーポレーションCMソング
Ask for me(1999年4月8日、AVDD-20290)
TBS系『COUNT DOWN TV』 1999年4月エンディングテーマ
Turn Into Love(1999年7月23日、AVDD-20317)
カネボウ化粧品『テスティモ』CMソング

メディアファクトリー時代 [編集]
Get the door(2009年4月22日、ZMCZ-4611)
TVアニメ『クイーンズブレイド 流浪の戦士』オープニングテーマ

アルバム [編集]

キングレコード時代 [編集]
Realize(1997年7月30日、KICS 627)
4曲目『今日はHoliday』:森永製菓『Hi-SOFT』CMソング
ANOTHER SIDE(1998年10月23日、KICS 701)
上記キングレコード時代・五十嵐充プロデュース以前のシングル(リミックス含む)等収録

番組 [編集]

ラジオ [編集]
GROOVE FROM K・WEST(1999年4月~2000年3月、bayfm)
MIDNIGHT KISS 大橋りえのKISS KISS KISS(1999年、Kiss-FM KOBE)
AFTER STAGE KOBE THURSDAY 大橋りえのドリームウィーバー(2001年、Kiss-FM KOBE)
[アーティスト名] 大橋利恵
[タイトル] Get the Door
[CD番号] ZMCZ-4611
[発売日] 2009-04-22
1 Get the Door
2 Get the Door (カラオケ)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110011011001101

「オマエ」は俺の太陽

001-00182006.jpgタカチャ(本名 さとうたかのり、1981年10月28日 - )は、青森県八戸市出身の歌手。

略歴 [編集]
両親が音楽教師。高校を中退し、高校時代に組んだバンドで上京する。バンド解散後は鳶職に就き、独学の楽曲製作&ライブ活動を展開する。 鳶職人としては、六本木ヒルズの建設などにも携わった。

2005年3月、インディーズデビューアルバム「Your heart is...?」をリリース。代表曲「田舎」の歌詞に「八戸」と歌われ、八戸市内の街では多く流れた。

7月13日にマキシシングル「ソノサキニ」でエピックレコードジャパンからメジャーデビュー。

SMAPに「優しい言葉」(BANG! BANG! バカンス!のC/W)「Sweet Summer Surfing Season」「Shigusa」(SAMPLE BANG!)「Nai Yai Yai」(Pop Up! SMAP)の楽曲提供。

自己紹介フレーズとして『青森県、八戸市、レゲェアンドブルースシンガーのタカチャです。』と全国各方面では欠かさずに告げていたが、ハンチングを脱いだ後はあまり言わなくなった。

同年12月24・25日に放送の青森放送「RABラジオ・チャリティー・ミュージックソン」でメインパーソナリティーを務めた。

2006年6月26日、地元八戸市の「特派大使」に任命された。75人目の特派大使であり、ポップスの歌手としては史上初で最年少。

スペースシャワーTVの「Oxala! Tuesday」のVJをDEPAPEPEの三浦拓也と担当する(放送終了)。

2007年6月、11ヶ月ぶりとなるシングル「ツヨガリ」リリース。リリース記念イベントとして、ネット上で「ツヨガリ伝言板」が生放送され、弾き語りも披露した。


エピソード [編集]
高校を中退して組んでいたバンドはヘビーメタルバンドであった。
2007年初め頃、これまでトレードマークであったハンチング帽を脱ぎ、パーマの髪型を披露しているが、本人がラジオで語ったところによると髪型の変遷はかなり激しく、金髪や長髪の時代もあった。
右利き
インディーズデビュー以前、「カジモド」という三人組のユニットを組んでいた。
所属事務所が同じナイス橋本とは親交が深く、互いのライブを行き来している様子が当人同士のブログなどに書き込まれている。
シングル「ツヨガリ」のジャケット写真でくわえているパンが何パンなのか、ファンの間で物議をかもしたが、後日福岡で行なわれたインストアライブで本人の口から「ロールパン」だったことが明かされた。
甘党
かなり前からビリーズ・ブートキャンプのファンである(本人のブログより)。
Crystal Kayとは、所属レコード会社だけでなくスタッフも同じである(エフエム・ノースウェーブ「FUNNY & EASY」で発言)。
2008年3月25日、撮影中に怪我をし、右脛骨果間隆起骨折で全治4ヵ月との診断を受ける。

ディスコグラフィー [編集]

シングル [編集]
ソノサキニ (2005年7月13日、ESCL-2658)
テレビ東京系「流派-R」7月度オープニングテーマ
八戸ニュータウンCF
nayamy (2005年11月2日、ESCL-2717)
初回仕様:ステッカー封入
Riding in You (2006年6月7日、ESCL-2821)
大塚ベバレジ MATCH CMソング
MOVIN!! (2006年7月12日、ESCL-2851)
テレビ東京系アニメ「BLEACH」7月度~9月度エンディングテーマ
ツヨガリ (2007年6月6日、ESCL-2952)
ナミダ タカチャfeat.ACO(2008年4月2日、ESCL-3054)
日本テレビ系「音楽戦士MUSIC FIGHTER」POWER PLAY、青森放送@なまてれ4月第1週エンディングテーマ

アルバム [編集]
Your heart is...? (2005年3月10日、REP-001)
インディーズ流通
I LOVE 田舎 (2006年7月26日、ESCL-2837)

配信限定曲 [編集]
アリガト(2006年12月27日配信開始)
リクルートの就職情報誌「ガテン」とのコラボレーションソング。

Everything(2007年11月21日配信開始)
MISIAの「Everything」カバー曲。ヴァイオリニストNAOTOが参加。

[アーティスト名] タカチャ
[タイトル] 「オマエ」は俺の太陽
[CD番号] ESCL-3152
[発売日] 2009-01-28
「ダウンMP3」ボタンを右クリックして->対象をファイルに保存
1 「オマエ」は俺の太陽
2 アリガト
3 金曜日
4 冬の言い訳
5 酒よ
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110011011000110

LASER RAIN

spt_gall_art_001.jpgLEO今井(レオ いまい、1981年7月24日 - )は、日本のシンガーソングライター。東京都杉並区出身。本名:今井 アレクサンダー レオ(Leo Alexander Imai)。ロンドン大学を経て、オックスフォード大学大学院卒。

概要 [編集]
父親は日本人、母親はスウェーデン人。日本語・英語の他、スウェーデン語やフランス語も習得しているマルチリンガル。小学生の頃にロンドンへ移り、その後日本やブリュッセルなどで生活する。

2006年に音楽活動を始めるため日本へ移り、インディーズで活動を始める。2007年にEMI Music Japanよりシングル「Blue Technique」でメジャーデビュー。2008年には、ZAZEN BOYSとして活動する向井秀徳・吉田一郎プロデュースによるシングル「Metro」や、メジャー初となるアルバム『Fix Neon』を発表する。


CDシングル [編集]
Blue Technique(2007年11月21日)
テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』2007年11月度エンディングテーマ
Metro(2008年1月30日)
TAXI(2008年7月9日)
NHK-FM『ミュージック・スクエア』2008年6・7月度エンディングテーマ
FM愛知『SUNDAY MUSIC LINE』2008年7月度エンディングテーマ
Synchronize(2009年1月28日)

配信限定シングル [編集]
Connector(2009年4月8日)

アルバム [編集]
Fix Neon(2008年2月27日)
Laser Rain(2009年4月22日発売予定)

インディーズ [編集]
CITY FOLK(2006年9月20日)
CITY FOLK 0.5(2007年5月2日)

参加作品 [編集]
authentica delight〜目覚めの良い朝(2007年11月14日)
「Airports」収録

出演 [編集]

ラジオ番組 [編集]
LEO今井の海外ちょいモテ講座(Date fm『J-SIDE STATION』内コーナー、2008年4月21日 - 、隔週放送)
Artist Special SOUND CAPSULE featuring LEO今井(Inter Fm、2008年7月8日)
放送終了
LEO今井ち(FREE WAVE『Park Side Cafe』内コーナー・FM熊本、2006年 - 2008年3月)

外部リンク [編集]
UUtwo Recordsによる公式サイト
Virgin Musicによるアーティストページ
EMI Music Japanによるアーティストページ
BOUNDEEによるアーティストページ(更新終了)
RESERVOTION RECORDSによるアーティストページ(更新終了)
LEO今井 - MySpace
[アーティスト名] LEO今井
[タイトル] LASER RAIN
[CD番号] TOCT-26806
[発売日] 2009-04-22
1 Synchronize
2 Connector
3 Fit Of Love
4 Time Traffic
5 Laser Rain
6 You Me Electricity
7 Taxi
8 High Speed Window
9 Lemon Moon
10 Word
11 Synchronize (Synchronized Doubling)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110011010110110

Bossa Disney Nova

MARCOS20VALLE.jpgマルコス・ヴァーリ(Marcos Valle、1943年9月14日 - )は、ブラジルのシンガーソングライター、またはギタリスト。ボサノヴァ、サンバ、MPBなど、ジャンルの枠にとらわれず活動した。また、ジャズやロック、ソウル、ファンク、AORなど、欧米のポピュラー音楽と、サンバを始めとするブラジル音楽とのクロスオーバーを実現した、ボサノヴァの時代から今に至るまで、ブラジルのポピュラー音楽にとって重要な人物と言われている。

ヴァーリは弁護士の息子として生まれた。ジョアン・ジルベルトのレコードによってボサノヴァ・ブームが始まり、当時少年であったマルコスも大いに影響を受け、ギターを弾いては音楽家になることを夢見ていた。1964年、アルバム「サンバ・ヂマイス(Samba demais)」でEMIブラジルからデビューし、その後1966年、マルコスが作曲し、兄のパウロ・セルジオ・ヴァーリが作詞した「サマー・サンバ (Samba do Verão、英語題:So nice)」を、オルガン奏者のワルター・ワンダレイ(Walter Wanderley、ヴァルテル・ヴァンデルレイ)が収録しヒットする。1968年には、大半の曲を英語詩で歌い、妻のアナマリアも加わったアルバム、サンバ '68をリリースし、アメリカでヒットする。このアルバムをはじめ、この時期の多くのアルバムのアレンジを勤めたのは、デオダートであった。デオダートとの共作も多い。

ディスコグラフィ [編集]
Samba demais (1963年)
O compositor e o cantor (1965年)
Braziliance! (1967年)
Samba68 (1968年)
Viola enluarada, (1968年)
Mustang cor de sangue (1969年)
Marcos Valle (1970年)
Garra (1971年)
Vento sul (1972年)
Previsao do tempo (1973年)
Marcos Valle (1974年)
Vontade de rever voce (1981年)
Marcos Valle (1983年)
O Tempo da gente (1986年)
Tempos De Bossa Nova (1993年)
Nova Bossa Nova (1998年)
Live in Montreal (2000年)
Escape (2001年)
Contrasts (2003年)
Jet Samba (2005年)
[アーティスト名] Marcos Valle
[タイトル] Bossa Disney Nova
[CD番号] AVCW-12380
[発売日]
1 Nao E Facil (It's Not Easy)
2 A Voar, A Voar, A Voar (You Can Fly!, You Can Fly!, You Can Fly!)
3 Mickey Mouse Club Samba
4 Supercalifragilisticexpialidoso (Supercalifragilisticexpialidocious)
5 Es Tu o Principe Azul (Once Upon a Dream)
6 Somente O Necessario
7 Cruela Cruel (Cruella de Vil)
8 Cancao De Amor (Love Is A Song)
9 Um Mundo Ideal (A Whole New World)
10 Parte de Seu Mundo (Part of Your World)
11 Hi-Ho (Heigh-Ho)
12 Parada Eletorica Na Rua Principal (Main Street Electrical Parade)
13 Ciclo Sem Fim (Circle of Life)
14 Uma Cancao (One Song)
15 La La Lu
16 Mickey Mouse Club Samba
17 Nao E Facil (It's Not Easy Amusement Mix)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110011010110010


METALLIC BUTTERFLY

img_1477289_42951705_0.jpgマイケル・アンジェロ・ベティオ (Michael Angelo Batio, 1956年2月23日 - ) は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のインストゥルメンタル・ロック/ヘヴィメタルギタリスト兼コラムニストである。ノースイースタン・イリノイ大学にて音楽理論と作曲理論を聴講し、学士号を得ている。Guitar One Magazine誌は、彼を全世代でNo.1の最も速い速弾きギタリストに選んだ。ちなみにNo.2はクリス・インペリテリで、リストにはポール・ギルバート、ジョン・ペトルーシ、イングヴェイ・マルムスティーンらが続く。

彼は『アンジェロラッシュ』という常識を覆す奏法を作り上げた男で、まともにこれを行えるギタリストは彼だけと言える。強靭な握力と途方もない練習により、右手でも左手でも演奏ができ、タッピングでコードを弾いてしまう。これにより、世界でも彼だけが扱える2ネックギター(ダブル=アックス)、4ネックギター(クワッドギター)なるものがある。2ネックギターは通常の平行してネックがはえているものではなく、V型になっていて、4ネックギターはX型になっている。また、4ネックギターの上の左右のギターが7弦、下の左右のギターが通常の6弦となっている。また、この4ネックギターはエル・パソで行ったNitroライブのとき盗まれてしまったが、4本のうち2本はマイケルの元に返ってきている。 陽気な性格で、ジミー・ペイジ、エドワード・ヴァン・ヘイレン、カルロス・サンタナ等の真似をしている動画があるが、どれも彼のユーモアが浮き出ている。

経歴 [編集]
ベティオは彼のキャリアを、ボーカリストであるトミー・ホランド(Tomy Holland)のバンド、ホランド(Holland)から始めた。彼らがアトランティック・レコードから出したアルバムLittle Monstersは、1980年代半ばに良い評価を得た。彼はその後、ジム・ジレットのソロアルバムProud to Be Loudに参加した。続いて、二人のメタル・スター、ベーシストのT.J.レーサー(T.J. Racer)とドラマーのボビー・ロック(Boby Rock)とメタルバンドナイトロ(Nitro)を結成し、2枚のアルバムをリリースしている。ナイトロは、MTVで放送された彼らの曲、例えばFreight Trainの音楽ビデオも撮影している。正当な評価を得られないまま解散に至ったが、元メンバーとは現在も友好関係がある。

ベティオは10歳のころからギターを弾いており、弾き始めて2年経つうちに彼の先生よりもずっと速く速弾きできるようになっていた。彼は左利きだが、右利きのごとく演奏する。彼はギタークリニックにて、2本のギターを──シンクロさせるか、または別々のハーモニーで──同時に演奏する両手弾きを自ら習得した。彼はクアッド・ギター(4ネックギター)の発明と、そのまともな演奏とをまさしく最初に行った人物でもある。しかし、このギターはテキサスのエル・パソでナイトロのショーを行っている間に盗まれてしまい、組み立てに必要な4つのパーツのうち2つしかなく、ずっと修理されないままとなっている。これが、長い間クアッド・ギターで演奏できていない理由である。しかし、最近ディーンギターが新しいクアッド・ギターをベティオのために製作した。[1]ダブル・ギター[2]は彼の別の発明品のひとつであり、ライブでは普通に使うが、スタジオレコーディングでは使わない。また別の彼の発明品はストリングダンパーの一種で(具体的には"The MAB String Dampener")、ナットの裏に装着でき、演奏中にそれが動作する位置へ反転させる、ギターの付属品である。ストリングダンパーはギターの弦からの不要な唸りとノイズをなくし、不要な音を出さずにレガートとタッピングをプレイヤーがやりやすくする。彼はそのピアノ的テクニックにおいても注目に値し、ネックの周りで手の向きを反転させ、他のギター演奏者のような下方向からではなく、上方向から弦へアプローチする。

彼はディーンギターと長い間関係があり、ディーンのギターの宣伝を行ったり、ディーンが後援している世界中のギタークリニックで彼の技術を指導したりしている。ベティオはSpeed Lives、Speed Killsと題した二つの有名な教則DVDをリリースしている。その一つは、彼と同類のギタリスト達へ彼の曲の演奏方法を伝授することを意図していた。しかし、始めから最後まで超人的なギターテクニックをひたすら披露するため、世界一教授する気のない教則DVDとも言われている。 その他にも、ディーンギターのWEBサイト[3]で見られるダブル・ギターのソロ演奏を主な内容としたDVDもリリースしている。それはベティオのバンドによるディープ・パープルのSmoke on the Water、ジミ・ヘンドリックスのPurple Haze、オジー・オズボーンのCrazy Trainのトリビュート・カバーである。

マイケルは、彼の公式ウェブサイトで次のように語った。「私は左利きなので、右手またはピッキングに使う手が、全体的に見て私の演奏で最も弱い点だ。私はタッピングを練習するのと同時にオルタネイトピッキングをマスターすべく、10代前半に2年間練習したんだ。基本的には、右手の強化のためには何でもやった。生粋のレガートプレイヤーとなることに私は取りかかったんだ。君は今まで知らなかったろう。私は自分の弱点である2つの領域、オルタネイトピッキングとタッピングに集中し、それらを完璧にものにしたんだ。私は、君に欠けているものを練習するのは絶対に正しいと信じている。君が苦労したテクニックをマスターした暁には、君の演奏の他の領域も劇的に改善されるよ。」

マイケルは、ギタリストのトム・モレロ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、オーディオスレイヴ)から大学に居た頃教えを受けた。彼は2005年のGuitar World Magazine誌の記事で、トムに教えを受けたことで彼をクレジットした。

マイケルは現在、コラム"Time To Burn"をGuitar World Magazine誌に月一回掲載している。

マイケルには2007年6月発売予定のディーンの6弦シグネチャーモデルがあり、またシグネチャーモデルのオーバードライブペダルをデンマークのT-Rexから発売した(ここを参照)。

[アーティスト名] アンジェロ
[タイトル] METALLIC BUTTERFLY
[CD番号] KICS-91459
[発売日] 2009-04-22
1 The opinion by METALLIC FEELER
2 PANDEMIC
3 SISTER
4 Bara no Hana
5 SWEET GOD`S FLAVOR LAND
6 Gokurakuchou
7 BUTTERFLY
8 CHAOTIC BELL
9 Prelude
10 STEADY
11 Usubeni no kakera
12 MICRO WAVE SLIDER
13 SIGN - mechanism of concealed clue
14 Rozario
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110011010100100

やんちゃ道

%9D%E7%B4%84%E6%9D%9F%E2%80%9D%E3%81%AF%E5%88%9D%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0.jpgジェロ(JERO、本名: Jerome Charles White, Jr.(ジェローム・チャールズ・ホワイト・ジュニア)[1][2][3]、1981年9月4日 - )は、アメリカ合衆国・ペンシルベニア州ピッツバーグ出身の日本の演歌歌手。

『史上初の黒人演歌歌手』として多数のメディアに取り上げられた[4]。『演歌界の黒船』との異名をとる。

略歴 [編集]
1981年アフリカ系アメリカ人の両親のもとに生まれ、1990年頃からペンシルベニア州のピッツバーグで育つ[5]。母方の祖母は横浜出身の日本人で、その影響から幼少の頃より演歌に親しんできた[4]。その祖母に対して演歌を披露するうちに、自らが演歌の虜になっていったという[6]。

特定非営利活動法人エデュケーション・ガーディアンシップ・グループ主催の第3回高校生による日本語スピーチコンテスト(Japanese Speech Award, JSA)に参加するために15歳になって初めて日本の地を踏む[4]。スピーチタイトルは「ぼくのおばあちゃん」[7]。ダンスチームの主将を務めた高校時代を経て[8]、やがてピッツバーグ大学に進学し情報科学を専攻。在学中には関西外国語大学に3ヶ月間の留学をした。この留学期間中に演歌歌手になることを決意したという。[4][6]

ピッツバーグ大学を2003年に卒業したのちに再び日本の地を踏み、和歌山県で英会話学校の教職、次いで大阪でコンピュータ技術者の仕事に就く。その傍ら、来日2ヵ月後に『NHKのど自慢』に出場し合格する[9]など、日本各地のカラオケ大会に自ら応募したうえで出場し[10]、演歌歌手を目指して独自に活動を続けた。そして2005年、坂本冬美の主催によるカラオケ大会で優勝した際、ビクターエンタテインメント大阪のスカウトの目に留まり、オーディションを東京・渋谷のカラオケボックスで受けて合格。審査員は「礼儀正しく、何をリクエストしてもきれいに歌う」と評価している。

その後2年間に及ぶ訓練を経て、2008年にシングルの「海雪」でプロデビュー[1][4][6]。デビュー日となった2月20日には、演歌歌手としては前例の無い渋谷HMVでのイベントを行い、デビュー曲の「海雪」を披露して会場を沸かせた。[11] 2008年6月25日には初のミニアルバムを発売。8月27日(日本時間28日)には母校ピッツバーグ大学で無料凱旋ライブを行い、学生や地元住民など500人以上の聴衆がつめかけた。[12][13][14]

2008年10月19日、今度はプロの歌手として『NHKのど自慢』にゲスト出演、さらに2008年12月31日に行われた『第59回NHK紅白歌合戦』に初出場、実母も来日し会場で感涙した。ジェロはデビュー当初から亡き祖母のために紅白歌合戦出場を強く望んでいた。

2009年に行われたワシントンD.C.でのサクラ祭りでは、凱旋コンサートを開催し演歌三曲を熱唱した。

また、2008年12月30日にデビュー曲「海雪」で第50回日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞した。


様相 [編集]
演歌歌手という立場でありながらヒップホップ系ファッションを採り[1]、その外見はラッパーのスタイルに通じるものがある。[15]プロモーションビデオもラップのバックダンサーを用いるなど、一見しただけでは演歌のそれとは分からないものとなっており、MUSIC ON! TVなど一部の音楽系CS局では演歌扱いされていない。

その容姿については『ウィル・スミス似のイケメン』[1]などと表現され、その歌声については『一聴では日本人のそれとしか思えない』[16]、『甘い歌声』[4]などの評価が寄せられている。

5年ほど、関西にいた事から時々関西弁を使う事もある。

デビュー曲となった『海雪』は、新潟県の出雲崎町を舞台とした楽曲で[17]、発売当日だけでカセットとあわせて8万3千枚を出荷し[11]、オリコンのデイリーチャートにおいて初登場16位を記録、2日目に6位をマークした[11]。 舞台となった出雲崎町では、町民を対象に『海雪』のCDの購入の際に町から補助費を出す法案を可決し[18]、町ぐるみでジェロを応援した。

更に、冷え込みの著しいシングル市場にあって、その発売から5日間のうちに3万5千枚の売り上げを記録し、グループからのソロデビューを除く演歌/歌謡系歌手のソロデビュー曲としては史上初のオリコン総合シングルランキング初登場10位入り(第4位)を獲得するなど、『突然の金字塔』と言われるほどに数多の記録を更新している。[19] ヒップホップダンスも特技としており、『海雪』のダンスバージョンの振り付けはジェロ本人が行った。[20] 敬愛するR&Bシンガーはルーサー・ヴァンドロス[21]、ジル・スコット[22]、ヒップホップ・アーティストは2パック[23]。

好きな日本語は「一期一会」と「ちんぷんかんぷん」、好きなアーティストは坂本冬美、五木ひろし。好きな食べ物はホッケ[24]。納豆も好き。わさびととろろは苦手だという[25]。日本食は作れないが、無洗米を自炊している[26]。理想のタイプの女性は女優の釈由美子[27]、タレントでミス・ユニバース2006年世界大会2位の知花くらら[28]であると語っている。NON STYLEの石田明と仲が良い。NFLチーム、ピッツバーグ・スティーラーズの大ファンであり、好きな選手は同じアジア系の血を引いているWRハインズ・ウォード。コンサートやイベントなどの場でも、ウォードの背番号86が入ったスティーラーズのジャージを着ることが多い[29]。

「海雪」のプロモーションビデオに出演しているバックダンサーは、本人のブログによるとノリ&ナオであるという。

[アーティスト名] ジェロ
[タイトル] やんちゃ道
[CD番号] VICL-36502
[発売日] 2009-04-15

1 やんちゃ道
2 TOKYO銀河
3 やんちゃ道(オリジナルカラオケ)
4 TOKYO銀河(オリジナルカラオケ)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110011001111010

夢を味方に/恋焦がれて見た夢

top.gif絢香(あやか、1987年12月18日 - )は、大阪府守口市出身のシンガーソングライター。血液型O型。身長157cm。研音・WARNER MUSIC JAPAN所属。夫は俳優の水嶋ヒロ。

人物
シェリル・クロウ、吉田美和を敬愛している。好きな歌手はザ・ビートルズ、DREAMS COME TRUE、平井堅、Mr.Children等。
フィギュアスケート女子シングル選手の安藤美姫と生年月日が一緒であることから親交を持つようになった。2007年3月に東京で開催された世界選手権のエキシビションでは絢香の「I believe」の生歌唱に合わせて安藤が演技を披露した[1]。
親交のある人物はコブクロ、綾戸智恵、榮倉奈々等。
2009年4月3日、俳優・水嶋ヒロと結婚予定であるとの報道[2]を受けて記者会見を開き「2009年2月22日に入籍。デビュー翌年からバセドウ病を患っていて治療に専念するため、歌手活動を年内で休止する」と述べる[3]。

略歴

高校時代
高校2年(2004年)の春より、西尾芳彦が塾長を務める「音楽塾ヴォイス」(福岡市にある音楽スクール)に通い始める。毎週末に大阪-福岡間を往復し、西尾氏による指導のもとで、楽曲創作活動を本格的に開始。
このころ、「上京するため地元を離れる」ということが段々現実的になり始め、「三日月」を作詞する。その歌詞[4]には、それまでずっと一緒にいた地元の友人たちや家族への想いが、反映されているという[5]。
やがて、「音楽塾ヴォイス」で制作したデモテープが音楽業界に持ち込まれ、ワーナーと契約[6]。
2005年6月、単身で上京する。[要出典]
夏より、渋谷エリアのライブハウスを中心に東京でのライブ活動を開始。[要出典]
12月、「三日月」(NHK総合『つながるテレビ@ヒューマン』テーマ曲)がアジア各国でインターネット配信。

2006年
1月15日、「I believe」の着うたダウンロード配信開始。また、テレビドラマ『輪舞曲』(TBS)の主題歌にも採用された。
2月6日付のオリコンチャートで、「I believe」が初登場3位にランクインする。これは女性シンガーソングライターのデビュー作としては史上初のトップ3入り。
2月3日、『ミュージックステーション』(テレビ朝日)に出演。地上波のテレビ番組への初出演となった。その後3月3日に再出演。
2月26日、「I believe」の着うたダウンロード件数が100万DLを突破。配信開始から42日での着うた100万DL突破は女性歌手のデビュー曲では最短記録[7]。
5月、自身初の全国ツアーがスタートする。
5月10日、ツアー開催に合わせて5万枚限定で2ndシングル「melody〜SOUNDS REAL〜」をリリース。
9月27日、4thシングル「三日月」をリリース。翌週のウィークリーオリコンチャートで初登場1位を獲得した。
11月1日、1stアルバム「First Message」リリース。翌週のウィークリーオリコンチャートで初登場1位を獲得し、シングル・アルバム共にオリコン1位獲得を達成。翌2007年4月16日のオリコンアルバムチャートにてミリオン達成。
12月16日、第39回日本有線大賞で最優秀新人賞を受賞。
12月30日、第48回日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞。
12月31日、NHK紅白歌合戦に初出場。曲は「三日月」

2007年
2月28日、コブクロとのコラボレーション楽曲「WINDING ROAD」をスペシャルユニット「絢香×コブクロ」としてリリース。
5月16日 - 7月10日 ホールツアー「Peace loving...」を実施
12月20日 自身初の日本武道館ライブを実施。
12月30日 第49回日本レコード大賞で金賞を受賞。曲はJewelry day
12月31日、NHK紅白歌合戦に2度目の出場。曲はPeace loving people

2008年
2月29日、自身の主催によるイベント「POWER OF MUSIC」を開催。
7月19日 - 9月21日 ホールツアー「Sing to the Sky」を実施
12月31日、NHK紅白歌合戦に3度目の出場。曲はおかえり
[アーティスト名] 絢香
[タイトル] 夢を味方に/恋焦がれて見た夢
[CD番号] WPCL-10679
[発売日] 2009-04-22
1 夢を味方に
2 恋焦がれて見た夢
3 君がいるから (2009/2/13 Fan Club LIVE Ver.)
4 夢を味方に (Instrumental)
5 恋焦がれて見た夢 (Instrumental)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110011001100010

50/50 [完全限定生産]

b3873bf9.jpg本項ではアニメーションを用いて構成された映像作品を指す。

定義 [編集]
「アニメ」は、「アニメーション」の略語である。

ただし、日本では「アニメ」はすべてのアニメーションを指すが、「アニメーション(animation)」を「アニメ(anime)」と略して呼んでいるのは日本だけであるため、日本国外では「anime」といえば日本のアニメーションのことを指す。

日本語の「アニメ」という語は単に「アニメーション」の略称として生まれた語であり、製作国等は関係ない。例えば、アメリカのディズニー製作映画は日本では単に「ディズニーアニメ」と呼ばれ、ディズニー公認の絵本やノベライズ版にもそう銘打ったものがある[1]。

日本国外では「animation」を「anime」と略すことはなく(そもそもanimationの単語の中には e の文字が含まれていないのでラテン文字上ではanimeと略することが出来ない)、「animation」はすべてのアニメーションを指し、「anime」と言う場合は日本で制作されたセルアニメーション作品、あるいはそれと同種の作風を持った作品のことを指すことが多い。「manga(マンガ)」も、紙媒体のものに限らず、しばしば日本のセルアニメ全般の同義語である。

本項では、特に日本で製作された商業用セルアニメについて解説する。ジャンルに応じて独立した項もあるので、各自の項も参照されたい。


アニメのジャンル [編集]

媒体別 [編集]
テレビアニメ
全日帯アニメ
深夜アニメ(深夜アニメ一覧)(23:00-29:00の間に放送のテレビアニメ)
UHFアニメ(UHFアニメ一覧)(Wikipediaでは関東圏独立UHF局にて本放送もしくは初放送作品を指す[2])
BSアニメ
WOWOWアニメ
CSアニメ
アニメーション映画(劇場版アニメ)
OVA(ビデオアニメ)
Webアニメ(インターネット配信アニメ)
など。 ※近年になって多種多様な媒体が次々と登場している。


対象層別 [編集]
幼児向けアニメ
子供向けアニメ
少年向けアニメ
少女向けアニメ
男性向けアニメ
女性向けアニメ
成年向けアニメ
ファミリー・一般向けアニメ

ジャンル・題材別 [編集]
SFアニメ
ロボットアニメ
魔法少女アニメ
ハーレムアニメ
萌えアニメ
18禁アニメ
ギャグアニメ
スポーツアニメ
格闘アニメ
[アーティスト名] アニメ
[タイトル] 50/50 [完全限定生産]
[CD番号] NECM-13018
[発売日] 2009-04-01
1 50/50
2 花びらの行方
3 敦賀旅情の金太郎
4 50/50 -Instrumental-
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110011001000000

愛ノ詩

022_absorb_a.jpgabsorb(アブソーブ)は、日本のアコースティックバンド。略称“アブ”。 所属レコード会社は日本クラウン。

メンバー [編集]
森晴義(もり はるよし、Vo・Key 1981年5月13日 - 、身長171cm)
岐阜県多治見市出身。absorbのリーダー。高校を中退し、アジア圏を歩いて旅をする中で、民族音楽に感化を受ける。absorbの楽曲の多くは彼による作詞・作曲である。また音楽以外の絵画やデザインなどの才能もabsorbに生かしており、現在に至るまでのabsorbのウェブサイト、CDジャケット、フライヤーなど、主なデザインは彼が行っている。
中村博(なかむら ひろし、Gt 1982年4月24日 - 、身長180cm)
大阪府出身。リードギター。高校1年のときに友達のエレキギターを借りて遊んだことがきっかけとなり、ギタリストを志す。様々なバンドのギターサポート、及びスタジオミュージシャンとしての活動を続けつつ、ソロ時代の森晴義の音源にギターアレンジを加えてきた。森晴義と同じ専門学校という繋がりから、当初は「s+h」にサポートメンバーとして参加。その後absorbに改名される際に正式メンバーとなる。彼も作詞作曲を手がける。
笹原 翔太(ささはら しょうた、Vo・Gt 1987年1月13日 - 、身長180cm)
山口県出身。メインMC&ボーカル。高校在学中からライブ活動を積極的に行い、さまざまなコンテストに入賞。ワンマンライブを毎月開催し、自費出版となるCDを発売するなど、音楽活動を進める。高校卒業後、地元の大手電力会社に就職した後も音楽はやめることなく続け、absorbの前身となるs+hの活動も平行して行う。absorbとしてバンド結成した後も会社には勤務するものの、翌年の2007年に退社、上京する。

グループ名 [編集]
"すべてを吸収していく"という意味であり、absorbという単語が持つ「吸収する」「人を夢中にさせる」という意味が、自分たちの活動や音楽性に合う…という理由で付けたと、インタビューに答えている。[1]


略歴 [編集]
2004年4月、当時17歳の笹原翔太は、実家山口県にて高校生活中より友人と音楽活動をしていた。そのウェブサイトから配信されていた『missing』に森晴義が独自にコーラスを付ける。このことが笹原と森を繋げるきっかけとなる。
2005年4月、森と笹原の二人で「S+H」を結成。音楽ランキングサイト「プレイヤーズ王国」において『bless you』が3ヶ月に渡り首位を独占。
2005年8月、森と同じ専門学校出身の中村博がメンバーに加わる。
2005年11月、バンド名をS+Hよりabsorbと改名し、メジャーデビューへ向けて本格活動開始を発表。
中京地区で2007年2月24日に放送された、バラエティ番組「ノブナガ(CBCテレビ他)」内のコーナー「ごはんリレー」に、三軒茶屋の商店街から偶然出演。森の自宅にて、コーナーを担当している小泉エリにバンド結成の元となった曲『missing』の生演奏と、森が前日食べた「スパゲッティツナトマトソース」を食べさせてあげた。後述する『未知導』は、このことがきっかけとなり、彼女のために作った曲である。
2007年6月22日、エレックレコードより『となりで』でインディーズデビュー。
2007年10月17日、2nd Single『未知導』リリース。バラエティ番組「ノブナガ(CBCテレビ他)」内のコーナー「ごはんリレー」公式応援ソング。
2007年12月12日、動画共有サイト「ニコニコ動画」にhalyosyというハンドルネームにて、VOCALOIDソフト『初音ミク』が歌唱する楽曲『メルト』をカバーした作品を公開。この頃はabsorbやニコニコ動画のユーザーへの配慮もあり本人であることを伏せて活動するが、後に本名を名乗るようになる。その後いくつかのコラボ作品を公開する。
2008年2月23日、ニコニコ動画に「桜ノ雨」を投稿。ファン有志による合唱企画桜ノ雨プロジェクトには、5ヶ月間で約40の中学校、高等学校から文化祭や卒業式で使用したいとのオファーが届いた[2][3]。
2008年11月26日、「桜ノ雨」で日本クラウンからメジャーデビュー。パッケージには初音ミクも描かれ、アーティスト名義も「absorb/absorb feat.初音ミク」となっている。
2009年、卒業シーズンにあわせて「桜ノ雨」を合唱する学校が全国80校以上になる見通しとニュースになる[4][5]。
2009年4月15日、メジャー第2弾となる「愛ノ詩」発売。
[アーティスト名] absorb
[タイトル] 愛ノ詩
[CD番号] CRCP-10220
[発売日] 2009-04-15
1 愛ノ詩
2 愛そう敵を
3 あくび
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110011010001101

GRAVITY ERROR

24398_2.jpg
彩音(あやね、10月9日 - )は、日本の女性歌手である。O型。サイトロン・デジタルコンテンツから独立した5pb.に所属している。

概要 [編集]

略歴 [編集]
2歳の時に長渕剛の「順子」を歌って、周囲から誉められた事がきっかけで、歌を始めるようになる。両親も音楽をやっていた事で、幼い頃から音楽に囲まれた生活を送っており、気が付いたら歌を口ずさむようになっていた。クラブでのライブ活動や、コーラスとして多くのレコーディングに参加していたが、シングル「KIZUNA~絆」で歌手デビューを果たす。その後のシングル「ribbon」により、更に人気が出た上、3rdシングル「ORANGE」でその地位を確固たるものにした。


人物 [編集]
趣味は野球観戦(巨人ファン)で、好きな食べ物はチョコである。
名前がよく似ているため、女性シンガーソングライターの「彩菜」と混同されることがある。

作品 [編集]

シングル [編集]
KIZUNA~絆
2004年10月20日発売
KIZUNA〜絆
テレビアニメ『W〜ウィッシュ〜』オープニング主題歌
作詞:彩音 / 作曲・編曲:TARAWO
Fly away
プレイステーション2ゲーム『W〜ウィッシュ〜』エンディング主題歌
作詞:志倉千代丸 / 作曲:TARAWO / 編曲:上野浩司
KIZUNA〜絆(off vocal)
Fly away(off vocal)
ribbon
2005年2月2日発売
ribbon
プレイステーション2ゲーム『Memories Off After Rain』オープニング主題歌
作詞・作曲:志倉千代丸 / 編曲:上野浩司
After Rain
プレイステーション2ゲーム『Memories Off After Rain』エンディング主題歌
作詞・作曲:志倉千代丸 / 編曲:上野浩司
ribbon(off vocal)
After Rain(off vocal)
ORANGE
2005年11月10日発売
ORANGE
プレイステーション2ゲーム『Memories Off #5 とぎれたフィルム』オープニング主題歌
作詞・作曲:志倉千代丸 / 編曲:磯江俊道
ロマンシングストーリー
プレイステーション2ゲーム『Memories Off #5 とぎれたフィルム』グランドエンディング主題歌
作詞・作曲:志倉千代丸 / 編曲:磯江俊道
ORANGE(off vocal)
ロマンシングストーリー(off vocal)
Film Makers
2006年3月29日発売
Film Makers
『Memories Off #5 とぎれたフィルム THE ANIMATION』主題歌
作詞・作曲:志倉千代丸 / 編曲:磯江俊道
誰よりもきっと 〜for memories〜
『Memories Off #5 とぎれたフィルム THE ANIMATION』イメージソング
作詞・作曲:志倉千代丸 / 編曲:磯江俊道
Film Makers(Live Version)
Film Makers(off vocal)
誰よりもきっと 〜for memories〜(off vocal)
嘆きノ森
2007年2月22日発売
嘆きノ森
プレイステーション2ゲーム『ひぐらしのなく頃に祭』オープニング主題歌
作詞・作曲:志倉千代丸 / 編曲:磯江俊道
コンプレックス・イマージュ
プレイステーション2ゲーム『ひぐらしのなく頃に祭 〜澪尽し編〜』オープニング主題歌
作詞・作曲:志倉千代丸 / 編曲:上野浩司
嘆きノ森(off vocal)
コンプレックス・イマージュ(off vocal)
DOLPHIN☆JET
2007年7月25日発売
DOLPHIN☆JET
テレビアニメ『ケンコー全裸系水泳部 ウミショー』オープニング主題歌
作詞・作曲:志倉千代丸 / 編曲:上野浩司
New Breeze
プレイステーション2ゲーム『ウミショー』エンディング主題歌
作詞:海野真司 / 作曲・編曲:上野浩司
DOLPHIN☆JET(off vocal)
New Breeze(off vocal)
cloudier sky
2008年1月25日発売
cloudier sky
テレビアニメ『AYAKASHI』オープニング主題歌
作詞・作曲:志倉千代丸 / 編曲:磯江俊道
WiSH ON TRUTH
作詞:彩音 / 作曲・編曲:上野浩司
cloudier sky(off vocal)
WiSH ON TRUTH(off vocal)
Lunatic Tears...
2008年5月7日発売
Lunatic Tears...
パソコンゲーム『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』オープニング主題歌
作詞:彩音 / 作曲・編曲:Tatsh
忘却の剣
パソコンゲーム『11eyes -罪と罰と贖いの少女-』挿入歌
作詞:彩音 / 作曲:Tatsh / 編曲:清水永之
Lunatic Tears...(off vocal)
忘却の剣(off vocal)
[アーティスト名] 彩音
[タイトル] GRAVITY ERROR
[CD番号] FVCG-1077
[発売日] 2009-04-22
1 GRAVITY ERROR
2 あの空の果てまで
3 GRAVITY ERROR (off vocal)
4 あの空の果てまで (off vocal)
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110011010001111

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。