So-net無料ブログ作成
検索選択

Change my life [邦楽]

高岡亜衣(たかおか あい、1982年1月8日 - )は、日本のシンガーソングライター。神奈川県出身。関西在住。血液型はA型。レコード会社GIZA studioに所属している。ボックスコーポレーション所属。


デビュー当時からモデルとして活動をしたが、2003年9月、歌手業に転向する。

アルバム
Sunny(2004/10/20)
acoustic love(2006/08/23)
fiction(2008/06/25)

その他
TAK MATSUMOTO「THE HIT PARADE」(M-3:その気にさせないで、北原愛子・三枝夕夏と共演)


ビーイング
BOX CORPORATION(ボックスコーポレーション)
上木彩矢
DIMENSION
寺島良一



[アーティスト名] 高岡亜衣
[タイトル] Change my life
[CD番号] GZCA-7127
[発売日] 2008-10-22


1 Change my life
2 The day of days
3 Change my life -Inst-



http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110000101101110

THE“BESTEST”BENNIE K SHOW [邦楽]

BENNIE K(ベニー ケー)は、シンガーのYUKIとラッパーのCICOの2人からなるユニット。2004年9月22日にリリースした8枚目のシングル「サンライズ」がオリコンチャート3週連続TOP10入りし、続く2005年6月8日にリリースした9枚目のシングル「Dreamland」でオリコンチャート初登場2位を記録し、大ブレイクした。



YUKI(ユキ)(本名:山本ゆきよ、1984年2月23日 - 、A型)
大阪府生まれ、佐賀県鹿島市出身。佐賀県鹿島市立西部中学校卒業。14歳でオーディションに合格し、中学校卒業間近で米・カリフォルニア州・ロサンゼルスへ渡ったため卒業式には出ていない。その後現地の進学校(Prep-School)へ通いながらボイストレーニング・ダンスレッスンを受け、歌唱力に磨きをかけた。4歳年上の兄がいる。
CICO(チコ)(本名:山本知恵子、1978年1月7日 - 、A型)
大阪府吹田市出身。ニュージーランドで高校時代を過ごした後ロサンゼルスへ渡り、HIPHOPからRAPの創作をし始めた。大阪薫英女学院高等学校を卒業。立命館大学国際関係学部中退。14歳(中3)時にもニュージーランドに留学しており、その物怖じしない性格から大阪弁でだれかれなく話しかけ、地元紙で「日本語で話しかけるおしゃべりな娘」と記事にされた。兄と姉がいる。
DJ HI-KICK(ハイキック)
BENNIE Kのマネージャー兼DJ。東海大学卒業。長野県出身。


ユニット結成のきっかけ
1999年の夏、YUKIが在米当時ホームステイしていた家がロサンゼルスのCICOの伯母の家で、それがCICOとの出会いとなった。その後は、ともに生活していく過程で意気投合したが、帰国後は別々に音楽活動を進めた。しかしクリスマスのイベントで2人のユニットを組んだことがきっかけとなり以後ユニットとして音楽活動に打ち込むことが決まった。


ユニット名の由来
グループ名のBENNIE Kとは、弁慶(BEN-K)に因んだものである。

YUKIとCICOが組んだクリスマスイベント後の正月に京都の五穀豊穰、商売繁盛の神として有名な伏見稲荷で以後のヒットを祈願してきたが、その帰りに五条大橋の上で弁慶と牛若丸が戦ったことを思い出し、自分達も「年の差があるけど、そうやって一緒にトップを目指していこう」とユニット名を弁慶と牛若丸で考えた。しかしそれをそのままユニット名につけるのは本人達も安直と考えたことと、YUKIがギターのレッスンで初めに習った曲がベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」であり、この曲がCICOと初めて一緒に歌った曲なので、これらが合わさってBENNIE Kというユニット名が生まれた。

彼女らにとって、弁慶とは「力」の象徴であり、女性ユニットでありながら力強い女性、力強いアーティストとして音楽表現を進めていくことを誓う意味がある。



[アーティスト名] BENNIE K
[タイトル] THE“BESTEST”BENNIE K SHOW
[CD番号] FLCF-4258
[発売日] 2008-10-29


1 HI-EXPLOSION / with DJ HI-KICK
2 pink noise babies / with a.mia (Little Hippies)
3 a love story / with SEAMO
4 Happy Drive ~Taste Your Stuff~ / with m-flo
5 s!ck / with 大神:OHGA
6 Music Traveler / with SOFFet
7 Better Days feat. Def Tech
8 Endless Summer / with Blaise Plant (MONKEY MAJIK)
9 Doggy Love / with GIPPER (NORA)
10 天狗 VS 弁慶 feat. シーモネーター
11 MUSIC feat. HAMMER (2BACKKA)
12 Lost Paradise feat. TSUYOSHI
13 Product Of Misery / with Yukie
14 UNITY ~Episode 1~ / with UNITY a.a.s.


http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110000101101010

スピカ [邦楽]

Plastic Tree(プラスティック トゥリー)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。1993年結成、1997年メジャーデビュー。略称はプラ、プラトゥリなど。

全員生年等詳細なプロフィールは非公開。

有村竜太朗(ありむら りゅうたろう、3月6日 - )
ボーカル担当。詳細および個人の活動については項目を参照。
長谷川正(はせがわ ただし、11月16日 - )
ベース担当。リーダー。千葉県出身。血液型O型。
ササブチヒロシ(10月12日 - )
ドラム担当。本名:笹渕啓史(読み同じ)。北海道室蘭市出身。血液型A型。
2002年正式加入。
ナカヤマアキラ(1月16日 - )
ギター担当。本名:中山明(読み同じ)。北海道釧路市出身。血液型A型。
COALTAR OF THE DEEPERSのサポートギターも務めている。また自身が率いるdate youというユニットでも活動している。
旧メンバー
KOJI(コージ)
ドラム。
SHIN(シン)
ドラム。
TAKASHI(タカシ、1月15日 - )
ドラム。本名:大正谷隆(おしょうだに たかし)。徳島県出身。血液型B型。
2001年脱退。


文学的な歌詞と、有村の浮遊感が漂うボーカルが特徴。当初は80年代UKロックに影響を受けた楽曲や演奏スタイルであったが、2002年頃よりCOALTAR OF THE DEEPERSにサポートギターとしても参加しているナカヤマによる作曲が増え、またドラムがササブチが加入したことで、その楽曲の幅は大きく広がる。

自身たちでセルフプロデュースを行う他、2003年から2004年にかけては音楽プロデューサーに亀田誠治を迎えて楽曲が制作された。2007年以降は明石昌夫がプロデュースを手掛けている。



[アーティスト名] プラスティック・トゥリー
[タイトル] スピカ
[CD番号] UPCH-5442
[発売日] 2007-01-24



1 スピカ
2 ロム
3 スピカ ~Instrumental~
4 ロム ~Instrumental~


http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110100100110111001

虹のつづき/桜の絨毯に乗って [邦楽]

広沢タダシ(ひろさわ-、1977年9月8日- )は、大阪府八尾市出身の作曲家・歌手である。血液型はA型。近畿大学附属高等学校卒業。

母がピアノの先生で4歳からピアノを習い始めるが、8歳で反抗心から辞める。クラシックギターのミュージシャンでもある父の影響で17歳からギターをはじめる。高校卒業後PAエンジニアを目指し音楽の専門学校に入るが、2年目でギターコースに転科。

1999年にリリースされたCD「シロイケムリ」が地元FM局のFM802でインディーズとして初のチャートイン。2001年7月、シングル「手のなるほうへ」でメジャーデビューを果たす。

2004年10月26日に開催された同校の創立65周年記念ライブに出演した。

2005年、自身のレーベルAtomic Monster Recordsを設立し、同年8月10日にシングル「流れ星が消えるまでに」をリリースする。

ライブを中心に活動する一方で、作家としても多くのアーティストへ楽曲・歌詞を提供している。吉田直樹・小林建樹と3人で猫背兄弟というユニットを組み、ライブ活動をしている。


[アーティスト名] 広沢タダシ
[タイトル] 虹のつづき/桜の絨毯に乗って
[CD番号] NFCD-27038
[発売日] 2007-01-24

1 虹のつづき
2 桜の絨毯に乗って
3 夕焼け


http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110100100110011001


majestic trancer [邦楽]

DOPING PANDA(ドーピング・パンダ)は日本のスリーピースロックバンド。所属事務所はミュージック・タブロイド(SMAグループ)。所属レーベルはソニー・ミュージックレコーズ内のgr8!records。略称は「ドーパン」、「パンダ」。



1997年結成。ギターロックにディスコビート、デジタルサウンドを融合した楽曲でインディーズ時代から注目を浴び、ディズニーのカヴァーコンピレーションアルバム『DIVE INTO DISNEY』への参加で広くその名を知られるようになった。

2004年にリリースされたアルバム『We in Music』もインディーズチャートで好セールスを記録し、翌2005年に『High Fidelity』でメジャーデビュー。

2006年8月4〜6日に開催されたROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006では、セカンドステージであるLAKE STAGEにおいて、期間中最多の1万人超を記録した。

2007年1月24日にシングル『Can't Stop Me』を発売。オリコンシングルチャートは、41位にランクインした。 6月15日にはミュージックステーションに初出演し、「I'll be there」を披露した。

2008年3月12日にリリースしたアルバム『Dopamaniacs』はオリコンアルバムチャート、18位にランクインした。

メンバー
YUTAKA FURUKAWA(ボーカル、ギター、プログラミング
1978年2月28日生まれ。山口県出身。A型。作詞・作曲は「古川裕」と表記。眼鏡がトレードマーク。自称・愛称ともに「ロックスター」、または「スター」。演奏は勿論だが独特のMCにも定評がある。ハンドマイクはMC専用という訳では無いらしい。雑誌などのメディアからのインタビューからも個性的でユーモラスな言動が見られるが半分ジョークで「俺はそこらのギタリストより上手いからね」などと言った自信に満ちた発言(ビッグマウス的言動)が時折揶揄されることもある。ギターソロではタッピング奏法(ライトハンド奏法)も用いる等、ハードロックの影響も強く受けている。ライブでは一貫してフェンダー・テレキャスターを使用しているが、PVでは他のギターも使用している。
TARO HOUJOU(ベース、コーラス)
本名は北條太朗。1976年9月18日生まれ。神奈川県川崎市出身。B型。愛称は「タロティ」。目印はベースボールキャップ。物販紹介担当。使用機材はミュージックマン・スティングレイ等。PVで見られるピックアップが特徴的なベースはアトランシア製で、旧友からの長期レンタル品だとのこと。2007年9月28日より、自身のブログ「t-log」を開始。
HAYATO(ドラムス、コーラス)
1978年4月24日生まれ。茨城県古河市(旧猿島郡・さしま)出身。AB型。愛称は「ハヤト」。物販デザインにも携わっている


[アーティスト名] DOPING PANDA
[タイトル] majestic trancer
[CD番号] SRCL-6875
[発売日] 2008-10-22


1 majestic trancer
2 chi chi pa pa
3 MUGENDAI DANCE TIME



http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110000101011000

無責任ヒーロー [DVD付限定盤 A] [邦楽]

横山以外のメンバーは演奏できる楽器がある。渋谷・安田・錦戸はギターとハーモニカ、丸山はベース、大倉はギターとドラム、村上はキーボードができる。また、内も番組の企画で安田にギターを教わったことがある。
プライベートでも一緒に買い物や旅行に行ったり、夏のバーベキューやメンバーの誕生日会が恒例行事となっていたり、メンバー同士の絆が非常に深く、仲が良い。
事務所の社長・ジャニー喜多川に「YOU達はどんどんしゃべっていかないと!」と言われている。横山曰く「僕達にはしゃべることしか道が残されていません」とのこと(新堂本兄弟より)
安田曰く「基本的に放置プレイ」なメンバーは、コンサートで自由気ままなトークで暴走することも少なくはなく、社長に「自由すぎだよ!」と怒られることも時々ある。
島田紳助やダウンタウンなどといった、吉本興業の大御所芸人を筆頭に、事務所の先輩・KinKi Kidsら多くの人に「フレッシュさがない」「フリがアイドルじゃなくて若手芸人」などといったことをよく言われる。
グループとしては、かなり苦労している面もある。グループ結成当初は、千人収容の松竹座で行なわれた舞台で3階席に観客が入らなかったり、仕事が少なかった為アルバイトをして生計を立てたり、現在に至るまでに様々な紆余曲折があった。
メンバーが関ジャニ∞としてCDデビューすることを知ったきっかけはスポーツ新聞であり、CDデビューは本人達に全く知らされずに進行していた。渋谷は、デビューの告知をスポーツ新聞で知った友人から『お前、デビュー決まったの?』と言われて新聞を見、そこで初めてCDデビューのことを知ったため「もの凄くビックリした」と語っている。
関西限定デビュー当時、仕事が少なくなっていたり、錦戸が加入しているユニットNEWSなどが活躍する中で、2004年の大阪松竹座での舞台「SUMMER STORM」を公演。その際の打ち上げで、自分達の不安や将来を焼肉屋でメンバー全員大泣きしながら語りあった結果、3日間ともに過ごす。その後、自分達のCDが本当にレコード店で置かれているか全員一緒に確認しに行った際には店員にも気付かれなかったというが、その3日間のおかげでメンバー全員意気投合し、現在の友好関係にいたる。
上記のようにフリートークがうまく、デビューしてすぐは苦労していたりなどエピソードがあるため、共演した芸人からは「関ジャニはジャニーズだけどからみやすい」などといったことを言われている。また、本人たちも「若手芸人の売れてない時の気持ちがわかる」などと言っている。


[アーティスト名] 関ジャニ8
[タイトル] 無責任ヒーロー [DVD付限定盤 A]
[CD番号] TECI-807
[発売日] 2008-10-29


1 無責任ヒーロー
2 ケムリ
3 ∞ o'clock '08


http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110000101011001

AIRAの大地 [邦楽]

石井 竜也(いしい たつや、1959年9月22日 - )は、茨城県北茨城市出身の日本のポップミュージシャン、芸術家、プロデューサー、映画監督である。

音楽、舞台美術、空間・イベントのプロデュース、衣装・アクセサリー・食器・家具等のデザイン、絵画・オブジェ制作、映像監督等、表現者として多岐にわたり活動している。

文化学院美術科(油絵専攻)卒業。1985年「米米CLUB」のボーカリストとしてデビュー。現在、ソロ活動と並行して米米CLUBとしても活動しており、米米CLUBではカールスモーキー石井というキャラクターとしてステージに立つ。圧倒的な歌唱力と、趣向を凝らしたライブパフォーマンスには定評がある。

楽曲制作や年1~3回の全国ツアーに加え、作品展の開催や、プロデューサーとしての仕事も多い。 ライブでは、舞台セット・衣装・キャラクター等のデザイン、脚本まで全て自ら行っている。 チャリティー企画に多く賛同し、近年は世界平和や自然保護を趣旨とするイベントに積極的に参加。2002年より、アートで平和を祈念する活動「T.I GRAND PROJECT」を続けている。

愛称は「テッペイちゃん」。身長175cm。夫人はカナダ人。

米米CLUBのダンサーで歌手のMINAKO(本名:金子〈旧姓:石井〉美奈子)は実妹。彼女が米米CLUBメンバーの金子隆博と結婚したため、金子は義弟となる。

2008年
1月~2月 展覧会「顔魂~KAODAMA~」開催。六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーにて、86点の顔魂(=達磨オブジェ)を展示。
3月~4月 ライブツアー“PENDULUM”(全5公演)
東京ディズニーリゾート25thアニバーサリー・テーマソング『魔法の鍵 ~The Dream Goes On』の日本語歌詞とプロモーションを担当。
近代製鉄発祥150周年記念の広報大使に任命され、同時にシンボルキャラクター「AIRA」のデザインとイメージソングを制作。
8月 「~音楽で森を作ろう~Music Tree Live」(前年と同様に薬師寺にて開催)に参加し、コンサートタイトル「月日の塔」 を開催。自然保護などのイベントに多数参加しているが残念ながらこれらのイベントに関してはDVD化されておらず、ファンからDVD化が切望されている。
薬師寺内宝聚寶館(じゅほうかん)にて重要文化財を移動させて薬師寺史上初となる展覧会「顔魂~心の顔~」を開催(8/23~9/7)。約60点の顔魂を展示。
10月 世界遺産屋久島で自然保護を目的として行われている「やくしま森祭り」(10/15日開催)に2度目の参加。
2008年3回目の開催となる「やくしま森祭り」は出演アーティスト全員が無償参加している。
本人は落語や映画鑑賞が好きであると度々口にしている。

茨城の実家は、石井製菓という100年以上続く老舗の和菓子屋で、商品化された「ダブルドリブル饅頭」は人気商品となった。 現在は閉店しており「アートサロンギャラリー石井屋」 となっているが、通常は営業しておらず、ギャラリー閲覧希望の場合は事前予約が必要。



[アーティスト名] 石井竜也
[タイトル] AIRAの大地
[CD番号] SRCL-6868
[発売日] 2008-10-22


1 AIRAの大地
2 虹の輪
3 AIRAの大地(Instrumental)



http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110000101001000

OVA「舞-乙HiME 0~S.ifr~」主題歌集 Finality blue [邦楽]

栗林 みな実(くりばやし - み、1976年6月11日 - )は、静岡県静岡市出身の女性シンガーソングライター・声優である。AB型。愛称は「栗の子」など。ゲームブランドアージュを運営するアシッドがマネジメントを担当している。所属レコード会社はランティスである。

高校卒業後に短大入学から2000年頃まで、バンドを組んでいた。専門学校卒業後に声優事務所へ所属するが、音楽をやりたいという想いから半年ほどで辞めている。歌手を目指して様々なオーディションを受けるも落選が続き、コミックマーケットなどのイベントでアージュのスタッフとして仕事をしていた。ジョイまっくすやいとうかなことは、この頃からの付き合いである。また、一時期はデジキューブでスタッフとして仕事をしていたことがある。

一躍有名になったのは、2001年に発売されたパソコンゲーム『君が望む永遠』(以降「君のぞ」)がきっかけである。通常は声優がアダルトゲームに声をあてる場合は名義を変更して、カメラ等への露出も避けることが多いにも関わらず、彼女はそのままの名義でメインヒロインの一人である涼宮遙役として声をあて、オープニング主題歌「Rumbling hearts」を歌い、コスプレをしてイベントを行うなど、積極的なアピールを行った。その後は『君のぞ』が大ヒットしたこともあって、知名度は飛躍的に向上した。

また、デビュー曲となった「Rumbling hearts」は、もともと作詞の依頼を受けていたもので、後に「歌ってみないか?」と誘われたとのことである。この曲はシングル発売されていないにも関わらず、ゲーム内で非常に印象的な使われ方をしたので、君のぞ関連ソングのファン投票を行うと、ほとんど常に1位を獲得する人気を誇っている。そして、君のぞがアニメ化・コンシューマ版発売と展開されるなかで、数多くの関連楽曲も歌っており、その多くで自ら作詞・作曲も行った。後のラジオで本人は「25歳までにこの世界へ入れなかったら、もう諦めようと思っていた」と述べている。まさに君のぞは彼女が25歳の時に発売された。

その後もしばらくは、パソコンゲームの曲を中心に歌っていたが、テレビアニメ『君が望む永遠』オープニング主題歌「Precious Memories」のヒットにより、アニメソング歌手としても注目を集めるようになった。この曲は初のアニソンであるため、彼女自身かなり思い入れがあるとラジオなどで語っている。この曲をきっかけとして、数々のメジャーなテレビアニメの歌も手がけるようになっている。近年はJAM Projectとの共演や「Animelo Summer Live」への出演や、台湾でのライブやSound Horizonに参加するなど、活動の幅を広げている。

2007年からは都市部を中心にライブツアーを行うようになり、2ndライブツアー「dream link」の最終日にはデビューからの目標の一つとしていた地元静岡での公演を達成した。



[アーティスト名] 栗林みな実
[タイトル] OVA「舞-乙HiME 0~S.ifr~」主題歌集 Finality blue
[CD番号] LACM-4549
[発売日] 2008-10-22


1 Finality blue
2 Heart All Green
3 ここにあったね
4 Finality blue
5 Heart All Green
6 ここにあったね



http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110000101000011

WE LOVE HEXAGON [邦楽]

羞恥心(しゅうちしん)は、フジテレビ系列で放送されているクイズ番組『クイズ!ヘキサゴンII』から生まれた男性アイドルグループ。

同番組から生まれた女性アイドルグループ”Pabo”と同様、メンバー内での位置付けは年齢順につるのが長男、上地が次男、野久保が三男。Paboと同様3人とも所属事務所は異なるが、本職は3人とも俳優である(リーダーが音楽経験者である点はPaboと同じ)。また2008年1月30日の放送では「クイズ番組で覚えた」ことから戦国三大武将に準え「鳴かぬなら…ホトトギス、○です」というキャッチフレーズも発表された。このキャッチフレーズは上地だけが正確に言うことができなかったが、4月9日放送の『笑っちまえ!!(???)』で見事リベンジを果たした。

■「羞(しゅう)」 - つるの剛士(つるの たけし 1975年5月26日 - )
福岡県北九州市門司区出身。B型。太田プロダクション所属。
リーダー。「ウルトラマンダイナ」のアスカ?シン役で有名。最年長で、唯一の妻子持ち。ミュージシャンとして活動していた時期がある。
キャッチフレーズは、「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス、『羞』です」
イメージカラーは赤。
■「恥(ち)」 - 野久保直樹(のくぼ なおき 1981年5月14日 - )
静岡県磐田市出身。A型。ワタナベエンターテインメント所属。
元潜水の日本記録保持者、元プロ野球ドラフト候補などの経歴を持つ。ユニット内では最年少。
キャッチフレーズは、「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス、『恥』です」
イメージカラーは青。
■「心(しん)」 - 上地雄輔(かみじ ゆうすけ 1979年4月18日 - )
神奈川県横須賀市出身。O型。ジャパン?ミュージックエンターテインメント所属。
横浜高校で一年後輩の松坂大輔とバッテリーを組んでいたことがある。男性陣の中でも「おバカ」の筆頭格。ただし、最近まれにそのキャラクターを覆すような解答もある。ブログの1日来場者数のギネス記録保持者である。
キャッチフレーズは、「鳴かぬなら鳴かしてみせようホトトギス、『心』です」
イメージカラーは黄。



[アーティスト名] 羞恥心
[タイトル] WE LOVE HEXAGON
[CD番号] PCCA-2763
[発売日] 2008-10-22



1 羞恥心-羞恥心
2 MC1
3 恋のヘキサゴン<2008mix>-Pabo
4 MC2
5 ラクダになるぞ-ラクダとカッパ
6 MC3
7 アブラゼミ♀(大阪バージョン)-misono&ヒロシ
8 MC4
9 アブラゼミ♂(東京バージョン)-エアバンド
10 MC5
11 天下無敵の一発屋2008-一発屋200
12 MC6
13 泣かないで-羞恥
14 MC7
15 グリーンフラッシュ伝説-Pabo
16 MC8
17 アブラゼミ♀(大阪バージョン)-mai&タケ
18 MC9
19 アブラゼミ♂(東京バージョン)-エアバンドfeat.雄&直
20 MC10
21 我が敵は我にあり-羞恥心
22 MC11
23 陽は、また昇る-アラジン



http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110000100101110

世界で誰より愛してる [邦楽]

岡野 宏典(おかの ひろのり、1981年4月4日 - )は、静岡浜松市生まれのシンガーソングライター。作詞?作曲?アレンジのクレジットでの表記は、『岡野宏範』(本名)。

小学生の時にバイオリンを始める。路上ライブをきっかけにディレクターにスカウトされ2006年に上京し本格的に活動を開始する。

2007年秋、シングル「レモネード」でメジャーデビュー。


シングル
レモネード(2007年10月24日)
フォトグラフ(2008年2月27日)
ゴール/旅路(2008年7月30日)
世界で誰より愛してる(2008年10月8日)

アルバム
Canvas(2008年11月5日)

外部リンク
ユニバーサルミュージック内サイト
岡野宏典 公式サイト



[アーティスト名] 岡野宏典
[タイトル] 世界で誰より愛してる
[CD番号] UPCH-5558
[発売日] 2008-10-08


1 世界で誰より愛してる
2 指きり
3 世界で誰より愛してる (Instrumental)
4 指きり (Instrumental)


http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110110000100110111

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。