So-net無料ブログ作成

じぶんROCK

rock-w-you_018.jpg
ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロック・イン・ジャパン・フェスティヴァル)は、茨城県ひたちなか市で毎年8月に催される日本最大の野外ロック・フェスティバルである。主催は出版社ロッキング・オン。日本国内で活動するロック・ポップス・ヒップホップなどのバンドや歌手が出演している。

概要
ロッキング・オン代表取締役社長である渋谷陽一の「日本人アーティストだけでロックフェスを行いたい」という考えを実現する形で2000年に初めて開催された。開催地は茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園。以来開催時期は8月上旬(特に第1金曜日から)の3日間が恒例となっている。

フジ・ロック・フェスティバル、RISING SUN ROCK FESTIVAL、サマーソニックと並ぶ国内四大ロックフェスの1つである。それらに比べるとJ-POPやポップパンク系アーティストが特に多いフェスティバルであり、それもあってかオーディエンスの年齢層は10代が多く四大フェスの中で最も若い部類。他の四大フェスと同じく基本はジャンルレスだが前述のジャンルのアーティストが多くを占めることからDJブース以外は"歌モノ"のグループがメインで、それ以外のジャンルのアーティストは少ない。RISING SUN ROCK FESTIVALとは同じ邦楽主体のフェスであることから、毎年そのラインナップや内容を比較されることが多い。しかしながら、両フェスとも日本のロックシーンならびに野外ロックフェスの需要と発展に貢献していることは云うまでもない。チケットは年々入手しにくい状態となり、先行予約・一般発売ともに、激しい争奪戦となっている。

モッシュ・ダイブ等の危険行為の禁止を強く呼びかけているフェスでもある(他のフェスでは容認しているわけではないが、執拗なまでに禁止を訴えてはいない)。トイレ待ちの行列を解消するために仮設トイレを会場の各所に外壁のように並べているなど快適にすごすための工夫が随所に凝らされ、国内四大フェスの中でも特にオーディエンスに過ごしやすい環境を提供しているフェスと言える。逆にいえば、フェスティバルの発祥となった海外の大型フェスとは特に異質な雰囲気を持った国内フェスであるとも言える(海外フェスティバルは主催側の管理性が非常に低い)。

また、場所取り(目的のアーティストを観る為に、そのアーティストの前に出演しているアーティストの頃からステージ前方を陣取り出番を待つ行為)の禁止も強く呼びかけている。場所取りは他のフェスでもフェス馴れしていない人気邦楽アーティストのファンによく見られる行為であり、すべて邦楽のアーティストで構成される今フェスでは非常に頻発し問題になっている。

[アーティスト名] ONE OK ROCK
[タイトル] じぶんROCK
[CD番号] Rock
[発売日] 2010-04-28
1 じぶんROCK
2 恋ノアイボウ心ノクピド
3 必然メーカー
4 内秘心書
http://down.mediajp.com/musiclists.php?mode=final&id=110111001100011000
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。